ゆうとっぴ 星空観望  徐々に追加していきまーす。 トップへ


大宇宙のロマンに魅せられて。

漆黒の闇の中、無数の天からの小さな光が私に語りかける...
そんな風景が小さな頃にはありました。


★レポート 小川天文台へ行ってきました (2005.4.17)

知る人ぞ知る、実は子供のころは天文少年だったのだ。
大宇宙のロマンに見せられて、夜空を口をあけ、鼻水をたらして眺めていました(傍からみればただのアホ)
小学生のころ小さな望遠鏡でもうれしくて毎日のようにみていました。

大きくなるに従って、やることが増えて星を眺める時間は減ったけど、大学の頃まではまだたまに見ていたかな。
社会人になってからは、まったく時間がなく、夏休みなどの長期休暇があるときに田舎の方へ出かけてペルセウス流星群を見ていた程度。
また会社に入って買った20cmのシュミカセも何回も引越しする際に実家の物置の奥底に眠ることに。
今ものんびり星を眺めるなんて時間はとれないけど、年に何回か無理にでも機会をつくろうと思っている。
年に何回かは山に登るので、そのとき晴れたら素晴らしい星空に会えるのだけど。
定年後には、あの小学生のころに戻って何も考えずに時間を気にせず眺めたり、一晩中望遠鏡を使って天体散策をしてみたいものだ。・・ずいぶん先のことだなぁ〜。



Copyright (c) 2004 ゆうとっぴ All Rights Reserved.